BL漫画「はじまりはナカから」のあらすじや感想をご紹介します。

体から始まった恋だけど…
部下×上司のアブノーマルな開発日誌

「はじまりはナカから」
みちのくアタミ先生のBL漫画です。

はじまりはナカから あらすじ

糸口は、サラリーマンとして働きながら、副業で尿道責めグッズをインターネットで販売しています。
ある日、いつものように購入者情報を確認してみると、その一覧に真面目な上司の基山の名前を発見します。

とても尿道責めを購入するような人物ではない堅物の基山。
興味を持った糸口は、直接基山に届けることにして…

脅しではないと言いながら、使い方をレクチャーするのですが…

はじまりはナカから 感想(ネタバレ注意)

みちのくアタミ先生の作品は、ハズレがないですね。

絵はうまいし、キャラからストーリー、エロさまで文句がないほど満足できると言っちゃいます。
この作品もそうで、短いながらもかなりエロい。なのに、ふたりの心の変化もちゃんと描写されています。

最初はちょっとした興味だけだった糸口も、基山のエロさを目の当たりにして最後までエッチしちゃうわけですが、その後もどんどんハマっていきます。

そして、基山は快楽に弱くて流されているだけだから、きっと自分でなくてもいいのだろうと思っているわけです。

そのために、ある場所に連れて行って確かめようとするのだけど、基山の反応にハッとする糸口の表情が好きですね。

一番最後に言葉で確認された時の基山の顔も最高!
エッチの時はあんなにエロいのに、そうでない時のキリッとした顔がいい!

この作品の配信がスタートした時は、54Pぐらいの作品として配信されていました。
当然ながら、続編を読みたいってなったわけですが、そのあと続編となる「頭隠して×尻隠さず」の連載がスタート。

その後コミックス版が新たに配信され、もともとの内容は書き直しをされたり、続編はもちろん、その後のふたりの様子も描かれています。
これから購入しようと思っている方は、ぜひコミックス版の方を購入してくださいね!!

私もコミックス版が配信されてすぐに買い直しましたよ~♪(笑)

エロい漫画が読みたい方で、絵にもこだわりのある方には、特におすすめの漫画です。